レーザー脱毛前の毛抜きは絶対ダメな理由とは

###Site Name###

レーザー脱毛には照射しない期間がありますが、その間の自己処理の方法によって完全に脱毛が完了するまでの期間が長くなってしまう事があります。
その原因の1つとして、自己処理による毛抜き処理をしてしまった場合です。

毛の周期に沿ってレーザーを照射しますが、特に毛の成長が盛んで毛根がある状態でなければ効果を得る事が出来ないため、照射前の自己処理による毛抜きは厳禁です。



照射から期間を開けて毛の成長時期まで待っていたのに、毛抜きをしてしまった事で、毛根が無くなり毛根が元の状態に戻るまで照射を持つ事になります。



また、毛抜きだけでなくカミソリによる皮膚の傷なども照射の休止期間を伸ばす原因に繋がります。



自己処理を行う場合には、皮膚の負担が少なく傷を作る可能性の低い物で処理をしていき、毛の成長期まで待つ事が大切です。
また、自己処理をするにあたって、最も皮膚に傷を作りにくく、毛根を痛めない方法とは、シェーバーを使う事です。

特に顔用のシェーバーを使用した自己処理方法であれば、皮膚に傷を作る事なく毛根を痛めないように目立つムダ毛を処理する事が出来ます。

ただし、シェーバーはカミソリとは違い、毛穴から出ている部分しか処理する事が出来ないため、根気よく短期間の間に何度も処理をする必要があります。
脱毛期間中には、こういった肌への負担や毛根の成長を止めてしまう事なくある程度は処理しなければならないため、気を使う期間となりますが、無駄なく最短でレーザー脱毛が行えます。